2016年12月9日金曜日

まとめて印刷、まとめて製作?

3機分まとめて印刷しました。

年末年始のお楽しみ工作。
手前の2機は、チョッとした実験的要素を取り込んでいます。
(ワクワク)


各パーツを同時並行生産して一気に3機組み上げようと思ったのですが、早く実験してみたくて、結局手前の青い機体から製作開始しました。

同時に、バランスウエイトも纏め作り。
機首に配置するバランスウエイトは鉛シートを型紙を使って切り出しています。
0.3mmぐらいの厚さの鉛シートを8枚重ねています。








2016年12月7日水曜日

一緒に飛ばしませんか?

近郊にお住いの方、
紙飛行機なんぞ、如何でしょうか?


一緒に紙飛行機を飛ばしてみませんか?

「いいおっさんが何やってんだ。」
と思われるかもしれませんが、これがなかなか面白いのです。
この手の紙飛行機は、おじさんがハマる、奥の深いスポーツ?なんです。

健康にもチョッとだけ、良いですよ。

先日、ベテランの石山さんとしみじみと話しました。

「あまり紙飛行機人口が増えないね。」
「湘南クラブももっと増えないかな?」

いつの間にかここは湘南クラブになっていました。
とはいえ、最近はいつも二人っきり。寒川では最大7人程度の飛行機野郎がいたのですが、リーダに当たる方が退役されてから、みんな来なくなってしまいました。

今までも何人かの方が興味を示されて一緒に飛ばすようになったのですが、何故か長続きせず。。。

もうちょっと面白味のある飛行機を飛ばした方がアピール力があるのかな?



最近の週末は厚木市戸田の田んぼエリアで飛ばしています。
南北に走る国道129号線の西側です。
ちょっと覗いてみませんか?



大体朝7時過ぎから9時ぐらいまで飛ばしていますよ。
ここの田んぼの近所の人はみんな明るくやさしく、気さくにお話ししてくれます。



良く晴れた風の弱い日は、絶好の飛行場になります。



いつも飛ばしている場所はこちら
(googleマップ)






恥ずかしながら、ワタクシのハンドランチシーンです。
こんな感じで、思いっきり天空に打ち上げています。







どぉ?
結構カッコよく飛んでいるでしょ。



こんな青空の中で遊んでみませんか?



お気軽にお立ち寄りください。
お待ちしてまーす。


飛行サイトの地図はこちら
(googleマップ)



2016年12月4日日曜日

新型キャリングケースの構想


今使っている紙飛行機のキャリングケースには随分お世話になりました。
もちろん、まだお世話になるつもりではあるのですが、キャリングケース内での胴体の配置方法に改善が必要な状況です。ずっとごまかしながら使ってきました。

この年末年始は、胴体の配置方法を変更して、長期保管でも胴体が変形しにくい、新しいキャリングケースを作ってみたいと思います。


ケースそのものは、従来と同じものです。ケースもいろいろ探し回ったのですが、結局従来品が最も適しているというのがワタクシの結論でした。
もちろん、主翼と胴体は分割方式の機体を格納することを前提とします。


まず、全体レイアウト構想。

今度は上下2層構造です。ケースの内容積をできるだけ有効に使えるようにレイアウトしました。




その1階(下段)部分のレイアウトです。
ここに4機格納します。ツールボックスは2か所確保しました。




2階(上段)側のレイアウトはこんな感じ。
こちらにも4機格納します。ツールボックスは1か所として、組み立て後の機体ホルダを収納するスペースを確保しました。


まだまだ、構想段階。どこまで初期構想通りに出来るかな?

今が一番楽しい時。
部品を作り出したら、一気に面倒くさくなるかも。。。
気長にやっていきます。

進捗はチョビチョビとアップしていきます。