2017年7月20日木曜日

新型機ロールアウト

ついに新型機のロールアウトです。

FC78 NEXTAGE です。

NEXTAGEの意味は、WINDOMで出した成果の次のステージ(段階)という意味を持たせて、NEXT STAGEをくっつけた造語です。

この機体のコンセプトは、従来機に比較して圧倒的な性能向上の実現です。(いや、恥ずかしい。。。)



性能向上を夢見た具体的方策として、WINDOMから次のような変更をしています。

1.安定した揚力発生
 →主翼の翼弦長(コード)を約9%拡張
2.ロール/ピッチの安定
 →ウイング取付け高さを3mm増大
 →後部胴体を延長
 →外翼の上反角を42°に設定
3.上昇時の抵抗低減
 →緩やかなアンダーキャンバー
 →スポンジ装着を前提とした機首形状
4.グリップの改善
 →機首側のすべり止め形状見直し
5.部品交換時の組立誤差低減
 →挿抜式胴体の機首側胴体への差し込み形状の改善




この他にも、細かいところはいろいろと変更をしていますが、すべてが思惑どおりに効果を出すことができたら、圧倒的な性能向上になるはずです。少なくとも私の思い込みのなかでは、素晴らしい性能です。
でも、いくつか試作段階を経ているうちに、「圧倒的」が妄想に過ぎなかったことを感じ始めています。そんなに簡単に性能向上できる訳がない。

とはいえ、私のハンドランチ技術そのものを向上させれば、思い込みを現実のものにできるチャンスが残っているかもしれません。


WINDOMNEXTAGEの主翼の違いです。翼幅は変わりませんが、翼弦長を9%程拡大しています。下の画像だとそれほどわからないかもしれませんが、手元で比較すると大きな相違として感じ取れます。

主翼拡大のため、水平尾翼位置を後ろに伸ばしました。加えて、若干面積も増やしています。

主翼取付け部高さは3mm高くしています。ですので、機首側胴体もずんぐりしています。


この機体の気に入らないところは、機体質量が大きいこと。寸法拡大率から考えると妥当な質量増なのですが、30gを超えると。。。ズッシリ感じます。
重戦闘機です。


Next Stageはまだ、始まったばかり。
しっかりPDCAを回して仕上げていきます。

でも、今週末は会社の夏祭り。
ちょっと無理かな?
チョビッとでもできないかな?
日曜日はベロンベロンのグテングテンのダランダランだろうし。

2017年7月17日月曜日

従来機のロールアウト

最近は試作機ネタばっかりですが、しっかり従来機の製作もしていました。のんびりと。


FC77K WINDOM です。


試作機と比較してみると随分スリムに感じます。そして軽い。試作機が重すぎというところもありますが。。。


ウイングに印刷したシンボルですが、「心」「技」「体」という漢字を入れてみました。
。。。。
入れない方が良かったみたい。

子供に見せて自慢してみたのですが、
「ふーん。別に。本人が気に入っていればいいんじゃない?」

ワタクシのデザインセンスが。。。







2017年7月16日日曜日

フッ素入りワックス

紙飛行機の早朝トレーニングでは、この時期ひどい朝露に悩まされています。

肩慣らしをしている数投の間に外翼はシットリ、尾翼はシンナリ。調整が毎回変わってしまうので、何が何だか分からなくなってしまいます。

そこで探していたワックス。
フッ素配合のワックスをAmazonで探していました。いくつか候補があって、お気に入りに入れていたのですが、会社の帰りにホームセンタに寄ってみると、同じものが置いてありました。しかもこちらの方が安い。

迷わず、購入しました。
それがこちらです。

ワックスというより、コーティング剤のようです。
付属の専用クロスを使って磨かないと本来の効果が出ないと書いてありますが、紙飛行機だし、ティッシュでいいか。

次回、飛ばしに行く前に紙飛行機に適用してみます。
ちょっと楽しみ。