2017年3月25日土曜日

R590もどきで、テストフライト

Racer590のコピー機体です。
購入済の機体ストックがあまりないので、コピー機を作ってみました。
なので、この機体で競技に出ることはできません。あくまでお試し機体です。



昨年の全日本紙飛行機選手権大会決勝のとき、自由機は初日で終わってしまい、2日目は暇でした。2日目もガッツリ楽しむために、規定機種にもエントリしてみたくなりました。
もちろん、予選通過しないとダメですが。
そうはいっても、この機体の作り方や調整の仕方、飛行特性を研究しないといけないと思い、競技用の機体ではなく、お試し機体を作ってみました。


昨日、酔っ払いながらも眠い目をこすって急造した機体なので、ゆがみが出てこないうちにテストフライトに行きました。

この機体、主翼は前進翼になっていて、垂直尾翼が非常に小さいので、精度よく発航しないと、上昇パターンが全く安定しません。
力は7割くらいでコントロールショットが必要。

それでも、失敗してこのとおり。。。


このあと、4回も胴体がポッキリ折れ、そのたびに瞬間接着剤で修理。
なかなか難しい機体のようです。

それでも少しずつ調整が分かってきた時、サーマルに持っていかれて視界没。
さすが二宮先生の設計。ショットと調整がちゃんと決まれば、素晴らしいフライトをして楽しませてくれます。

どうしよう。本番機体を作ってみようかなぁ。
でも、この機体を格納するキャリングケースがないし。。。

2017年3月20日月曜日

反省会フライト

昨日の二宮杯予選の反省会です。

会社に行かなくてはいけないという思いに後ろ髪を引かれながらも昨日の納得行かないフライトの検証です。

まずは、一投目にMAXとなり、そのままロストした機体と同型機。カラーリングも同じです。予選に使った機体は、先日垂直尾翼をハサミで少し切り取った「チョキチョキ機体」でした。その効果がはっきりでて、見事にMAXがでたのですが、下の画像の機体は設計段階で垂直尾翼を小さくしたものです。
同じように再現するのか確認したかったので、昨日遅くまでシコシコ作り上げた機体です。

ラッカー生乾きのまま次の工程等の作業を進めたので、機体に指紋がいっぱい残ってしまいました。

垂直尾翼がちょっと小さいのが分かりますかね?
2mm小さくしただけなので、分からないか。。。


良い画像が撮れませんでしたが、返りはとても安定していました。再現性ありと判断しました。ただ、この機体、高度があまりでません。別の部分で抵抗が増えているのかな?



そして、問題のこの機体(オレンジ機体)。3投目から使った機体です。特に4投目の滑空時間4秒は信じられませんでした。練習ではどんなに投げ上げ失敗しても10秒を切ったことはなかったのに、なんで本番で最低記録が出るのでしょうか?



4秒間のフライト状況についてはほとんど覚えていません。返る間際に強風で叩かれた感じはしたのですが、そのままスパイラル気味に落ちてきました。

ですので、この機体をキャリングケースから取り出して昨日の調整のまま投げてみました。結果は、とてもきれいな上昇と返りでした。滑空も悪くない。
やっぱり、昨日は強風の不運だったのかな?

でも、この機体にはちょっと「お仕置き」。
垂直尾翼をチョキチョキしてしまいました。もともと少し大きく設計変更した機体だったので、元に戻したといった感じ。
結果はGOOD。より返りやすくなった感じ。高度もチョビッと上がったかな?
(画像はお月様とのランデブー)

という訳で、反省会を終えようとしたところ、「ファーン」という音が聞こえてきました。誰かが電動ラジコンでも飛ばしているのかな?
周りを見渡してもそれらしき人はいません。
「ファーン」
音が聞こえてくるのは真上からでした。
結構高いところの頭上にドローンが。。。
頭上で静止しています。

見られているのかな?
じゃぁ、こっちも見てやろう。
ということで、デジカメでパチリ。

下から見上げると、つぶれたカエルみたいな恰好をしているドローンですが、力強くホバリングしていました。
どこで操縦しているのかわかりませんが、私も欲しくなりました。

今度、このドローンから飛行している紙飛行機を撮影してもらえないかな?






2017年3月19日日曜日

全日本紙飛行機選手権 予選

ついに今シーズンも全日本紙飛行機選手権に向けた予選会が始まりました。

武蔵野中央公園にやってきました。
もう、桜がちらほら咲き出しています。


今日は2機を準備。
2機とも翼端エルロンを付けた機体です。
調整時は、ほとんど風もなく、この2機はあっという間に調整完了。


こちらは浩明さんの機体。1週間で2機仕上げてきました。
綺麗な機体です。

そして、競技開始。
途端に強風に変わりました。



やまめ工房さんのR590。

こちらは、浩明さんの機体。
その下にいるのは凧です。凧が上がるぐらいの強風です。

ここのところをこうやって調整して、こっちはこんな感じで。。。


浩明さんの貴重な機体が風に吹き上げられて、かなり高いところに引っかかってしまいました。


10mを超える「竿」で懸命の回収作戦。
見事に木から落とすことが出来ました。


そして、ワタクシ。
1投目、2投目と強風の中でもサーマルを捕らえることに成功し、ダブルマックス。2機ともロストしてしまいました。
残念ながらもとっても嬉しい。良い滑り出しです。

ただ、今日調整できたのは2機のみ。予備機体は準備していますが、調整が出来ていない。ちょっとでも調整したいのですが、この強風でどこに行っちゃうか分からない。

ので、残り3等は一発本番のフライト。
結果、
3投目、12秒
4投目、4秒
5投目、16秒

最初の貯金はあっという間に使い果たしちゃいました。なんというお粗末。

でも、最終的には。。。
このとおり。

よかったよかった。

そしてもう一つよかったこと。
2投目でロストした機体、住宅地の方に消えていったのですが、見つけてくれたおばさんがわざわざ自転車で届けに来てくれました。
ありがたい。ありがとうございました。

取りあえず、予選に参戦した報告でした。